観光タクシーの素朴な疑問を解決

観光タクシーの素朴な疑問を解決 観光タクシーを利用するにあたって、気になる点はいくつかあるかと思います。事前に悩みや不安を解決して思い切り観光を楽しみましょう。

まず観光タクシーのドライバーは、観光中ずっと行動を共にしなくてはならないのかという問題です。こちらは、観光タクシーの利用予約時などに自分たちの希望を伝えれば可能な範囲で配慮をしてくれます。もちろん運転中は行動をずっと共にする事になりますが、観光地での観光は身内だけで落ち着いて観光したい、運転中もあまり話しかけないで欲しいと言った要望があれば、きちんとそれに応えてくれます。ドライバーとずっと話していなければならないといったようなことはありません。

また、観光タクシーのホームページを見ると、おすすめのプランやコースを掲載している店舗もあります。掲載されているものの多くが、有名な観光地を効率よく回れるように設計されたモデルコースとなっているので、予約をする際にこのコースでと伝える事も可能です。ただ、あくまでもモデルコースなので、観光タクシーならコースに書かれていない観光地やお店などに行くことも可能です。事前に行きたい所が決まっているのであれば、しっかりと店舗との打ち合わせの際に伝えれば当日の利用時間内で効率よくスムーズに観光出来るようにドライバーが連れて行ってくれます。もしも、当日急に行きたくなった場所、逆にここは行かなくてもいいと言った理由や、時間の関係等で省きたくなった場所は行かずにコースを変更しても構いません。そうして、万が一利用時間が予定より減ってしまった場合、利用した時間分のみとなり、前払いした料金からその分だけ返金しているところもあります。店舗によって違いがあるので、利用時間を変更して利用する可能性がある場合は事前に確認しておくと良いでしょう。無理して行きたくない所にまで行かなくて済みますし、体調不良等になっても時間の切り上げに対応してくれるので、迷わずにドライバーに伝えましょう。

観光タクシーは健常者しか利用出来ないと思っていて、観光自体から目を背けてしまう方もいますが、足の悪い方や車椅子の方でも安全に観光タクシーでの旅を実現させられます。店舗によりますが、福祉車両を用意している場合もあるので、車椅子のまま乗り降りが出来るようになっています。そんな福祉車両の中にも様々なタイプの車両があり、介助人がいなくても車椅子ごと車内に移動出来るスロープ付きのタイプや、車椅子昇降機付きのタイプがあります。もし、車椅子から車内の座席へと移動したい場合は座席回転タイプもあります。乗り降りがしやすいように車内の座席をドア側に回転させられるので便利です。さらに、観光タクシーの専属ドライバーが車椅子を押してくれて最初から最後まで利用者のサポートをしてくれるため、利用者の体力を消耗させる事はありません。車椅子だけに留まらずストレッチャーのまま車内に乗れる広々としたタイプもあります。

ほかにも、観光タクシーでは駅や空港までの送迎にも対応している店舗もあり、営業範囲内のお住まいであればご自宅までの送迎も可能としています。自宅までの送迎があればこれほど楽な観光はないです。身体が不自由な方でも用途に合わせた臨機応変な選択肢があるため、どなたでも楽しい観光が出来ます。


最近では外国人の利用者も増えてきているため、観光タクシー会社も外国語を話せるドライバーを積極的に採用しているところが多くなっています。そのため、外国人の友達と共に観光をしたいが上手く観光地について説明が出来ないといった場合も、外国語が話せるドライバーで予約を取れる可能性があります。こういった件も直接店舗に相談をしてみる事をオススメします。

最新ニュース